ライゼックス 成分

ライゼックスに含まれている成分とそれらの特徴」でも紹介しているように、ライゼックスにはペニス増大に効果的な成分が含まれています。

 

こうした成分がどのように働き、ペニス増大につながるのか?

 

この辺りをもう少し深く掘り下げていましょう。

 

ペニスが大きくなる仕組み

脳が性的興奮を覚えるとペニスに対して一酸化窒素を生成する信号を送ります。

 

この信号によって、ペニスは海綿体の中で一酸化窒素を作るのですが、この時にシトルリンやアルギニンという成分が必要になります。

 

つまりシトルリンやアルギニンという成分がないと一酸化窒素は生成できませんし、当然ペニスも大きくなりません。

 

ライゼックスにシトルリンやアルギニンが含まれているのは、こうしたペニスを大きくする際に必要な成分をサプリメントとして取り入れるため。

 

もちろんライゼックスの成分はすべて天然成分なので、安心して取り入れることができます。

 

ライゼックスと他のサプリメントとの違い

ライゼックスに限らず、ペニス増大系のサプリメントにはシトルリンもアルギニンも含まれているものが多いです。

 

しかしサプリメントによって効果の度合いが違いうのは、ペニス増大に欠かせない成分の効き具合が大きく関係してきます。

 

例えばライゼックスの場合は、アルギニンの吸収率を上げるために亜鉛も含まれているなど、主成分の効果を効きやすくするための成分も配合されています。

 

そのため、他のサプリメントと比べて効き具合がよくなっているため「ライゼックスを飲んで大きくなった」という感想も増えているのです。

 

もちろん中には効果を実感しない人もいるでしょう。(「ライゼックスを飲んでも効果を実感しない人達の特徴」で紹介している人なんかは特に・・・)

 

実際に自分に効くかどうかは飲んでみないと分からないものの、成分の安全性などを考えるとライゼックスは試してみてもいい精力サプリではないかと思います。

 

 

 

≫ライゼックスの効果や具体的な評判はこちら